パソコンのデータを正しく削除する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加 

データ

パソコンのデータは不要になったら削除が必要です。
削除をしないとHDD(ハードディスク)に保存できるデータの量が減ってしまい、新しいデータを入れることができなくなります。
また、データ量が多くなるとパソコンの速度も低下して「重たい」「遅い」といった症状がでてきます。

データの削除の仕方

パソコンでデータを削除する場合、捨てたいデータをゴミ箱に持っていって削除したり、データを左クリックで選んだあと、右クリックして削除を選ぶという方法があります。

 

この場合、データはゴミ箱の中に入っただけで、実際には削除されたことにはなりません。実際に削除するには、ゴミ箱を空にするという対応が必要です。

 

デスクトップ上のゴミ箱を選んで、右クリックすると、ゴミ箱を空にするというコマンドが選べます。
これを選んでOKとするとデータは削除されます。

ゴミ箱ではなく、そのまま削除したい場合

捨てたいデータをゴミ箱に入れないで削除するにはちょっとしたテクニックが必要です。

 

データを選んで、右クリックして削除のコマンドを出したとき、shiftキーを押しながら削除のコマンドを選びます。すると、ゴミ箱にではなく、完全に削除しますかと聞かれますので、OKとすると、データが削除されます。

 

この場合、間違ってデータを捨ててしまったとしても、基本的には元に戻せなくなりますので注意が必要です。
本当に捨ててもよいデータなのかをしっかり確認して削除することが大事になります。

まとめ

ゴミ箱に入れたデータはもとに戻すことができますが、ゴミ箱を空にしたり、完全に削除した場合は基本的には戻すことができません。

 

捨てたデータを元に戻せるという、ゴミ箱の利点を上手に使いたい場合は、捨てる時はゴミ箱に入れるようにして、ゴミ箱の中身を確認して、ゴミ箱を空にするという方法を使ってください。

 

間違えてゴミ箱を削除してしまった方は以下を参考に復元させさせましょう
デスクトップからゴミ箱を削除してしまったトラブル解決

このエントリーをはてなブックマークに追加