【Windows 10】 新機能・仮想デスクトップで効率良く作業できる!

このエントリーをはてなブックマークに追加 

Windows 10の目玉機能の一つに「仮想デスクトップ」という機能があることをご存じでしょうか?
「仮想デスクトップ」は、デスクトップ画面をまるごと切替えることができる機能です。

仮想デスクトップとは?

例として、コンピューターを起動した時のデスクトップの状態を想像してみてください。デスクトップ上には何もないのが一般的だと思います。
そこから次に何をしますか?例えば仕事をするためにExcelを起動したとします。
デスクトップにはExcelの画面が写っています。
この状態で「仮想デスクトップ」機能を使って新しいデスクトップを作成します。
すると、Excelの画面が写っているデスクトップと、新しく作られた何もないデスクトップの2つが存在することができます。
ユーザーはこのデスクトップを切替えて効率良く作業することができます。

 

便利そうですが、そもそもどういう時に役立つのかわかないと思います。
この記事では仮想デスクトップの素早い使い方と、どういう場面で使えば効率が良いかを簡単に説明します。

仮想デスクトップの素早い使い方

マウス操作で仮想デスクトップを作成することができますが、それでは動作が遅いためにかえって効率が悪いです。
この記事では効率を良くすることが目的ですので、最初からキーボードショートカットで必要な方法を覚えましょう。
@. Ctrlキー + Windowsキー + Dキー … 新しい仮想デスクトップを作成
A. Ctrlキー + Windowsキー + ←キー (もしくは →キー) … 次の(前の)仮想デスクトップへ切替え
B. Ctrlキー + Windowsキー + F4キー … 仮想デスクトップの削除

仮想デスクトップの使い道

仮想デスクトップの作成・移動・削除の方法を素早く行うことは当然として、どういう時に使えば効果的かということが大事です。
一番おすすめは「目的別」で分けることです。

趣味も仕事もPC1台で行っている時

1. 仕事全般
2. 映画や買い物などの趣味全般
このように分けることで、仕事と合間の休憩を切替えることができます。

会社のPCで仕事をしている時

1. 上司に案件Aの進捗をExcelでまとめるよう言われた仕事
2. 得意先の案件BについてWordで資料を作成する仕事
3. 後輩の教育用資料を作成する仕事
仕事の目的別に分けることで作業途中の状態をそのままに、違う仕事をすることができます。

 

Windows 10を使っている方は新機能の仮想デスクトップを使ってみてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加